ガガマンガ 〜好きな漫画を読んで生きる〜

好きな漫画の情報を掲載中!ネタバレなど含みます

【ジョジョ4部】第3話 「空条承太郎!東方仗助に会う その3」【漫画・ネタバレ】

time 2016/02/23

ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~

第3話 空条承太郎!東方仗助に会う その3

picture_angy

承太郎から渡された写真を見る仗助

仗助「こいつが……おれの町に……?」

バサ!

バサ!

続けて2枚の写真を渡す承太郎

承太郎「ジョセフじじいが息子のお前を念写しようとしたらこいつが写った」

「偶然か…なぜこいつが写ったのかはわからない…」

(あるいは…この仗助のスタンドよりこいつの方が…パワーが大きいせいかもしれない……)」

3枚の写真から確認出来る奇妙な男とスタンドの姿
じっと見つめる仗助

承太郎「とにかくおめーには関係ねーことだが一応写真を見せた、用心しろってことだ」

そう言いながら承太郎は写真をしまい込み、
隣で一部始終を聞いていた康一に目をやる

承太郎「康一くん…君には何のことだかわからんだろうが……」

「こいつを見かけることがあったら決してこいつには近づくな……危険なやつだ……警察にいっても無駄だ」

「俺はこいつを見つけるまでこの町のホテルに泊まることにするぜ」

仗助「ちょい待ちな!この男はいったい?」

承太郎「明日また会おう」

「仗助!てめーの『能力』は危険だ……むやみやたらとカッとなって使うんじゃあねーぜ」

「いいな!」

承太郎は仗助に注意を促しその場を去る

仗助「…………………」

2人は承太郎と反対方向へ去って行った

承太郎「…………………」

(仗助にはしゃべらなかったが…こいつがこの町にいるのは偶然なのだろうか?仗助と何らかの関係がなければいいのだが…)

(こいつを調べてゾッとしたぜ)

angy

男の名まえは片桐安十郎……
新聞では「アンジェロ」とあだ名される日本犯罪史上最低のムナくそ悪くなる犯罪者だ

12さいの時、早くも強盗と強姦罪で施設送りになり、その後日本全国を転々とし刑務所に出たり入ったりをくり返し、その青春のほとんどが刑務所の中だ

34さいまで合計20年

最期の犯罪は便所のネズミもゲロをはくようなドス黒い気分になるぜ

1994年3月「アンジェロ」は3人の14さいの少年に出会った
そのうち2人の少年を強姦し金品をうばった
3人目を殺そうとした時、その少年が金持ちの1人息子とわかるや急きょ身代金誘拐に変更
身代金を受けとる際、逮捕される

しかし、そのとき1人の警官を刺し殺している
少年はすでに死んでいたが局部を切りとられ、死体そばの柱に針で打ちつけてあった

判決は死刑

しかし1998年、つまり去年驚くべきことが起こる
10月、絞首刑が執行されたが「アンジェロ」は死ななかった
20分にわたってロープにぶらさがっていたのに心臓は動いていた
――――――死刑は延期された

承太郎「そして翌週『アンジェロ』は脱走した」

「こいつはスタンド使いだ……」

「いや……死刑の時スタンド使いになったと見るべきだろう……なぜかはわからんが」

「この『アンジェロ』はこの静かな町のどこかに……潜んでいる」

ところ変わって…
オープンカーに乗った若い男がナンパをしている

ブォンブォンブォン

女「………………」

男(おおっ!前に回ってみると…よく見ると………ベ……ベリィプリティ!)

女「どこでも好きなとこ行ってくれるの?」

男「いく!いくぅ~ッ!どこでもいくよォー君のためならッ」

急に女の表情が一変する

女「それじゃあ、てめーひとり地獄に行きな!」

男「へっ?」

女に髪の毛をつかまれ、そのまま運転席のドアに顔を叩きつけられる男

グゥシャア

男「ホウガァアアーッ」

そこに警察官が現れる

警察官「!」

男「あ…あがァ~」

「お…おまわりさん!」

「みてたろォーッ!おまわりさん!あの女にやられたんだよォーッ!」

「なめやがったあのアマッ!傷害罪だッ!訴えてやるッ!捕まえてやるッ!バカヤロー!」

血を噴き出しながら、わめく男に警察官が一言

警察官「いやだ、だめだな」

男「にゃにィーーー?」

警察官「ありゃ、わしの娘だ」

男「へ?」

警察官「ま…なんつーか、あんたも人の娘バカヤローよばわりしたことだし、ここはお互い様ということでなかったことにしましょうねっ!」

そう言って先程の女を追いかけていく警察官

男「…………」

涙を流しながらそれを見つめる男

警察官「おーい、朋子ォ~っ!

「どこへ行く、買物か?」

女が警察官に気付く

女「!」

「とうさん」

警察官「仗助は入学したばかりで悪さしとらんだろーな」

どうやら女は仗助の母親である
そして、警察官の正体は仗助の祖父である

朋子「フン!どうだかね?」

「あのバカは一見温和だけど、すぐ切れるからね」

「だれに似たのかね」

仗助の祖父「おいおい」

(だれがみてもおまえだよ!おまえ!)

朋子「でも、あいつは心の底の底ではやさしさがあるからね」

「心配はいらないわ」

2人の会話の途中に何か聞こえてくる

仗助の祖父「…………!」

「おい…なんだか…商店街の方が妙に騒がしくないか?」

なぜか騒がしい様子の商店街

「押すな!にいちゃんッ!人の足ふんでんじゃあねーよ!ボゲェッ!」

仗助「はあ、すみません」

承太郎と別れた仗助と康一は、いま商店街のコンビニ前にいる
このコンビニ周辺は事件が起きているみたいで人だかりが出来ていた

「おい押すな」

「押すな」

「危険だから下がって!下がって!」

康一「仗助くん!これじゃあ通れないなあ、なんの騒ぎだろ?」

男「コンビニ強盗が女子店員を人質にとってたてこもってるんだとよ……ヒヒ」

仗助・康一「え?」

警察官「!」

「みろッ!出てきたぞッ!」

コンビニの中から犯人らしき男が女性を人質にして現れた

女「ひいいい」

犯人「ケケッ」

犯人は左手に女性を捕らえ、左手にはナイフを握りしめている

女「ヒイイイッ!」

警察官「おい!ナイフをすてろ」

犯人「さがれコラァ!」

警察官「女をはなせ」

康一「あ…あの女の人から、ぼく買い物したことがある」

仗助「ありゃやばい目してるゼ……逆上したらぜったいやるって目だな!」

犯人「車にのんだからよ!てめーらさがってろッ!」

康一「ヒイイッ!や…やばいよ仗助くん!さがってさがって!」

仗助「あ…ああ、そうだな、こえ~っ」

コンビニ前に駐車された車から遠ざかる人たち

犯人「そこの変な頭のガギィ!」

「車から離れろっていってるだろッ!ボゲッ!」

康一「あ!」

「も…もしかして、やな予感……」

恐る恐る隣にいる仗助に目をやる康一

仗助「あ?」

josuke_kireru

ザン!

キレた仗助は犯人に向かって一直線に歩いている

康一「仗助くんッ!」

「や…やばい出たァ~ッ!こんな時…こんな状況で…」

「承太郎さんがあれほどカッとするなよ言ったのにッ!」

犯人に向かう仗助に警察官があわてて声をかける

警察官「な…なんだあいつはッ!」

「コ…コラ!おまえ止まれッ!」

周りに目もくれず犯人の前にたどりついた仗助

仗助「今てめーなんつったッ!」

犯人「なんだてめーーーはッ!近づくなーーーッ!」

女「ひィィィィィィーーーッ」

警察官「さがれ!きさまッ!犯人が逆上したらどうするんだッ!」

ナイフに力を込める犯人

犯人「チクショーーーッ、頭きたッ!この女にナイフブチ込むことに決めたぜッ!」

仗助「そうかい…」

犯人が女に向かってナイフを突きたてようとした瞬間
仗助はスタンドを出して女の腹部めがけて殴る

ズボアッ

犯人「ぐえッ!」

スタンドの拳は女と犯人の腹を貫くと同時にナイフを握りしめている

康一「ああっ!」

ズボアッ

スタンドの腕を引いた仗助

仗助「頭にきただと?」

「そいつはおれのセリフだッ!」

仗助は捕まっている女を犯人から強引に離す

犯人「はっ!?」

女「え!?」

腹を貫かれて致命傷を負っていたはずの身体が、元に戻っていることに気付く女

「な…なんともないッ!」

それに対して、犯人の体も傷や穴こそ戻っているがナイフが腹部に埋め込まれてしまっている

nigf

犯人「うああああああっ」

「アッアッアッアーミーナイフが!はっはっ腹の中にーーーッ」

「なっ、なんでェーー!???」

仗助「外科医にとり出してもらうんだな、刑務所病院で」

犯人「オッ!オゲッ!」

「オゲェェ!」

ボゴボゴゴ

犯人の口から生き物のようなものが出てきている

ズルオオオ

?「ギャース!」

仗助「!?」

ゴゴゴゴゴゴゴ

?「ググググググーッ」

犯人から出てきたのは体中に目のような模様が存在する生き物であった

?「こんなところに!オレの他にスタンド使いがいるとは……!」

「この男にとりついて気分よく強盗してたのに…よくも!じゃましてくれたな……!」

仗助「!」

「こいつッ!あの写真の!」

この生き物は、承太郎に写真で見せられたアンジェロのスタンドだった

素早く排水溝の中に身を隠して仗助を見つめる

arubel

アンジェロのスタンド「これからはおめーを見てることにするぜ」

「おれはいつだってどこからか、おめーを見てるからな……ククク、いいな!」

仗助「なんだと、この野郎ッ!」

会話の間もなく、すぐに姿を消したアンジェロのスタンド

警察官「このバカとりおさえろーッ」

仗助「わっ」

キレて勝手な行動をおこした仗助は警察官に捕らえられる

仗助「お…おまわりさん」

「ちょっ…ちょっと待って!」

3話おわり



down

コメントする


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント