ガガマンガ 〜好きな漫画を読んで生きる〜

好きな漫画の情報を掲載中!ネタバレなど含みます

【ジョジョ4部】第10話 「虹村兄弟 その2」【漫画・ネタバレ】

time 2016/04/17

ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~

第10話 虹村兄弟 その2

jojo4_10_a

戦い始めた2人

康一「…………ウ…グ」

矢の男「おい億泰……『スタンド』というのは車やバイクを運転するのと同じなのだ……」

「能力と根性のないウスラボケは、どんなモンスターマシンに乗ってもビビってしまってみみっちい運転するよなあ」

億泰「………………」

「兄貴、あんまりムカつくこと言わんといてくださいよ……」

矢の男「遊んでんじゃあねーんだぞッ!億泰ッ!おまえが身につけたその『ザ・ハンド』はこのおれが思い出しただけでもゾッとするスタンドだ……マジに操作しろよ!」

「アンジェロを倒した東方仗助は必ずブッ殺せッ!いいな!」

億泰「わかっ………ハッ!」

会話に夢中になっている億泰のすぐ隣まで迫ってきている仗助

億泰「あっ!!おれが話をしてる間にこんなとこに………き…きたねーぞ!」

仗助「おまえ………頭悪いだろ……?」

億泰「なに?何でっ!?」

クレイジー・ダイヤモンドで吹っ飛ばされる億泰

矢の男「…………」

仗助「どけってんスよ……」

倒れている康一に歩み寄る仗助

仗助「康一!よかったぜっ!まだ生きている……これならまだ助けられ……」

ドドドドドドドドドド

背後からザ・ハンドで襲い掛かってくる億泰

億泰「ゆるさねえぜ、もうゆるさねえ!」

仗助「どいてろって言ってんスよ!近付くとマジに怒るぜッ!」

「おれのスタンド、クレイジー・ダイヤモンドに破壊されたものは顔を殴りゃあ顔がッ!腕を殴りゃあ腕が変形するぜっ!」

億泰「やってみろ!コラァーッ!できるもんならなーッ!!」

ザ・ハンドの右手が仗助に向かって伸びて来る

ガオオ~ン

すぐにクレイジー・ダイヤモンドで応戦

クレイジー・ダイヤモンド「ドラァ―――――ッ!」

ザ・ハンドの右手を掴んで動きを止める

仗助「ハッ!」

jojo4_10_b

仗助「!?」

(こいつ……この『右手』に異常な『自信』をもってるぞ……なにかやばい……この『右手』……直感だがなにかやばい!)

ドゴオ!

隙を突いて、ザ・ハンドが膝蹴りを放つ

仗助「うぐぅ」

億泰「『右手』をはなさんかい!ダボがぁ!」

仗助「や…はり『右手』…だ…」

バギャ ドギャ

クレイジー・ダイヤモンド「ぐげっ」

続いて数発パンチを浴びせられ、右手をはなしてしまう
再び右手で襲い掛かってくるが間一髪避ける

jojo4_10_c

億泰「逃げてんじゃねーぞッ!仗助ェーッ!友だち見捨ててんじゃあねーぜ」

「おれの腕変形させんじゃあなかったのかよぉ~~~~~っ!」

仗助(こ……康一、もうちょっと待っててくれ……)

「てめーのその『右手』………なにかあるな!なんか『やばい』直感が走ったんでなあ~~っ」

億泰「ンなこたあくたばってから考えやがれッ!行くぞコラーッ」

さきほどザ・ハンドの攻撃がかすった門の異常に気付く仗助

ギギ ギギギギギ

jojo4_10_d

仗助「なんだ…あの門の扉…なにかおかしいぞ……どこかが前と違っているぞ……」

「『立』…『禁止』……??いっ…たい?」

ザ・ハンドの右手に注意しながら後ろにさがる仗助

億泰「あとズサリして間合いをとってんじゃあねーよタコ」

「ダチコーからどんどん離れていくぜ~~っ、もっと近付いてきなよ」

仗助「『入』って字がねえ!ひょっとして…きさまのスタンドのその右手……」

「けずりとったんだな、『空間をけずりとる能力』」

億泰「そのとおりだ…東方仗助!」

「この『右手』がつかんだものはけずりとってしまう!そして切断面は元の状態だった時のように閉じる……」

「もっとも!けずりとった部分は……このおれにもどこに行っちまうのか分からねぇがよぉ~~~っ!」

ザ・ハンドが右手を上にあげる

億泰「逃げるヤツにゃあこうゆうこともできるんだぜッ!」

jojo4_10_e

億泰「空間をけずりとる!…………するとお~~~~っ!」

一瞬で仗助が億泰の目の前まで移動

仗助「!!」

億泰「ほお~~~~~ら寄って来たァ~~!『瞬間移動』ってやつさあ~~~っ」

「そして死ねい!仗助ッ!」

恐怖の右手が仗助めがけて襲ってくる

仗助「やっぱり……おまえ…頭悪いだろ?」

億泰「何で!?」

体制を低くする仗助

jojo4_10_f

億泰「あ~~~~~~~っ!!」

どうやら植木鉢まで引き寄せてしまった模様
見事に顔面に命中する

億泰「ブゲ!ドピ!」

そのままダウンする億泰

仗助「なるほど……空間を瞬間に移動させるスタンドか……まったく恐ろしいヤツだ……こいつがバカでなければ負けていたぜ」

jojo4_10_g

10話おわり



down

コメントする


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近のコメント